カテゴリー
海外旅行関係

Formula 1 スパ・フランコルシャン ベルギーGP 2019年 個人観戦情報④

日曜日 レース当日

最終日のレース当日、天気は昨日と打って変わって曇り時々雨。気温も昨日から10度ほど下がりました。時折太陽も顔を覗かせているので、このまま耐えてくれれば良い感じで観戦できそう。

日曜日の午前中は、時間がたっぷりとあったのでメインエントランスから左手オールージュ席の手前まで行き、トンネルをくぐって向かいのピット、グランドスタンド側から自分たちの席に向かいました。

歩いた順路

メインエントランス~ブリッジ

メインエントランスを抜けて、右折すればGOLD7のエリアに行けます。そこを左折してオールージュ側のエリア方面に進みました。

オールージュ沿いのエリアに続く道の看板

サーキットも坂なら人も坂を登ります

オールージュへ続く道を背中にして、方向転換するとシケイン方面、コース中ほどにくぐれるトンネルと橋がありました。

コースの内側に出られる橋

オールジュの由来となったオールジュ川

GOLD6 シケインゾーンの座席の上に有名な岩ゾーン

メインエントランス側から入るチーム関係者の通路 ファンがたくさん

ハイキングコースのような道を抜けるとピット奥の倉庫エリアに出ます。

F3やポルシェなどのテントがずらり

長い坂道の右手にはピット内部のコンテナが並んでいます。坂を登り切り、ピット前のグランドスタンド後方に駐車場から続く道路があります。ドライバーを一目見ようと、メインエントランスの関係者ゲートとシケイン側の通路にはファンがたくさん出待ちしていましたが、ドライバー達はオールージュ側の駐車場、もしくはピット前の駐車場からピット内に移動しているようでした。チーム関係者は、一部メインエントランスの関係者ゲートを利用していましたので、どちらがドライバーとの遭遇率が高くなるかは、分かりませんが、実際私はピット前の道路でフェラーリを運転しながら到着したルクレールと、ラッセルの乗る車を至近距離、柵なしで遭遇したので、この辺りで待っているとスクーターなどで移動してくるドライバーに会える確率は高いんじゃないかと思います。

遥か遠くに小さく写るフェラーリはルクレールが運転してました

メインエントランス→オールージュ席まで徒歩およそ20分

メインエントランス→ピット前グランドスタンドまで徒歩20分

メインエントランス→シケインの席まで徒歩3〜40分

ただしLa Source横に駐車場があるので、そこに停められるならすぐです。

レース終了後はコース内に入れる箇所がいくつかあります

レース終了が17時少し前で、バス出発の時間が18時30分だったので頑張れば表彰台まで走って行けるかも?と思いましたが、無理はせずオールージュの手前でコースに飛び降り、オールージュを登って、ゆったりバスに戻りました。

オールージュの上では椅子を持ち込んでピクニック

2019年はF2のレースでユベール選手が命を落としてしまった特別なレースでした

まとめ

行く前はレース終了時間とバスの出発時間を見て、こりゃダッシュで帰らなければと思っていましたが、混雑する通路を通るより途中でコースに入って逆行するほうが進めたので、思ったよりゆっくりできました。

木曜日はレンタカー一択ですが、金曜日から日曜日は近隣都市からのシャトルバスが予約できればアクセスは問題ありません。むしろ、周辺道路の混雑緩和に協力できるシャトルバスの利用はおすすめです。

スパウェザーと言われる天候ですが、やはり山の上にあるので町よりは気温は低く、8月末であっても太陽が出ていなければ長袖が必要です。そこに雨と風が吹くと薄手のダウンを羽織るくらい寒くなります。ただ、太陽が出ると陽射しがきつく、暑くなります。服装は、脱ぎ着が簡単にできるように下に半袖、その上から長袖、ジャケット、マフラー、レインコートなどをご用意されることをおすすめします。ヨーロッパの人はみんな薄着でしたが、日本人の感覚とは違いますので。

食事関係は、正直あまり期待はできません。それでも他のGPに比べると良心的な価格だと思います。ビール350mlが3.5ユーロ、水500mlも3.5ユーロでした。ベルギーワッフルも食べましたが、冷凍を温めなおすだけなので業務スーパーの冷凍ワッフルと同じです。初日は持ち込みできそうかを調べるためにも、中で買ってみて、2日目以降は持ち込み可能であれば他で買って持っていくほうがいいでしょう。その際は、折りたためるクーラーバッグと保冷剤を日本から持ち込まれることをお忘れなく。

中のケータリングはベルギーの会社で、ちょうど夏休み終了前ということもあり、中で働くスタッフは学生バイトがほとんど。ゲートのチェックは地元のボランティアだそうです。みんな笑顔で、苦手な英語でも観客を助けてくれようとしてくれます。年に一度、世界中から集まるF1ファンに、小さな村からのホスピタリティー溢れるイベント作りが心に残ったGPでした。

後ろに座っていたイギリス人の団体の話によれば、スパは今まで行った他のGPのどこよりもマネジメントがしっかりしていて、心地よく過ごせるサーキットとのこと。毎年イギリスから観光バスをチャーターして来たくなる気持ち、よくわかりました。皆さんもぜひ一度は足を運んで欲しいGPです。

カテゴリー
海外旅行関係

Formula 1 スパ・フランコルシャン ベルギーGP 2019年 個人観戦情報③

2日目 土曜日 FP3と予選

フリープラクティスの行われた金曜日は、オランダから宿泊先のドイツ、Aachenアーヘンへの移動でサーキットには行きませんでした。

朝は7時30分にAachenアーヘンをシャトルバスで出発し、約1時間でスパ到着。余談ですが、サーキットからのシャトルバス出発場所の表記がAix-la-Chapelleとなぜかフランス語表記だったことと、アーヘン中央駅に何もF1の目印がなかったので不安になり、前日の夕方にサーキットのコンタクト先までメールして確認してみました。集合場所は、アーヘン中央駅の前、ロータリーで間違いないと聞いて一安心。直前の連絡にもメールで返信がくるサーキットスタッフの対応に感動いたしました。

さて、バスは35ユーロで往復、トイレ付きのバスなので電車で行くよりお得で楽だと思います。ただベルギーに入った辺りから、道路は悪いので酔いやすい人は酔い止めがあるほうがいいでしょう。

シャトルバスの乗車ですが、数日前までに予約の締め切りがありました。空席があれば乗りたいと当日、予約をしていない人が何人かバスまで問い合わせに来ていましたが、バスはサーキットから手配をされているだけなので、当日のオンボードは不可でした。サーキットの公式サイトで必ず期日までに予約をし、バウチャーを持って行かないと乗れませんので、当日の移動を急にバス変更しようということはできませんので、ご注意ください。

バス会社はサーキット近くのベルビエからの手配。ドライバーは英語が基本話せません。日曜日のドライバーは若い人だったので、がんばって英語でアナウンスしてましたが、土曜日のドライバーはフランス語オンリー。帰りのバスの出発時間や、出発場所(停車位置から動かないので、バスが停まった場所です)などフランス語でアナウンス。ただ、周りのファンでフランス語が分かる人、必ずいます。イギリス人なら学校で習うので、数時くらいはわかる。私も後ろのお兄さんが6時だな、と言っていたのを聞いて確認しました。

帰りの時間は18時。サーキット到着が9時前でしたので、丸一日、ゆーーーーっくりとサーキットを散策できます。

もしもの時に備え、バスのナンバープレートは写真撮影しておくのをお忘れなく。

自分の乗るシャトルバスのナンバープレートをお忘れなく!

座席の状況

座席はゾーンごとにチェックがあるので、持ってるチケット以外のゾーンには自由席を除き、移動は不可でした。

座席のエリアごとにパスのチェックゲートがあります

太陽の動く位置から推察すると、陽射しを完全に避けたい場合は、ピット前のグランドスタンドかその横の席が良さそうです。La Sourceコーナーには2つスタンドがありますが、チケット購入時にスタンド内の座席位置まで指定できないので、屋根があっても前方半分は一日中太陽とにらめっこすることになります。そして、雨が降れば恐らく最前列から2~3列は濡れる可能性大。あと2mほど屋根を前に設置してくれていれば完璧でした。

サーキット内の飲食

サーキット内の飲食状況は、まずは10枚で35ユーロのチケットを窓口で購入します。そのチケットを使って、好きな屋台で種類ごとに設定されているチケットの枚数で購入をするスタイルです。

10枚で35ユーロのチケット

屋台は多めにあるので割合並ばずに買えますが何せ種類が少ないので、選択肢はバーガーかワッフルか、フライドポテト。チケット売り場のメニューにはスクランブルエッグだとか、フィッシュアンドチップスだとか書いてありますが、メインエントランスから自分たちの席へ行く道中では、どこを探してもそれを売っているお店は見つかりませんでした。メインエントランスのFAN Zoneまで行けば、それに加えてケバブやピザもありますが、食事のために人で渋滞の山道を片道15分歩くのは体力を消耗します。

使用チケットも0.5刻みの種類もあり、使い切るには食べたいものではなく、残っているチケットの数で選ぶ、という状況。最終日はビールや飲み物を残ったチケットで買って帰る人も多く見ました。

ポテトフライとソーセージ 味は微妙… 右下のチケットで購入する

以前、観戦に行かれた方のお話では、ペットボトルの持ち込みが制限されていたようですが、今年はエントランスでのバッグチェックはありましたが、ペットボトルはおろか、自前のステンレス水筒も持ち込みOKでした。

中には大きなクーラーボックスを持ち込んで、中にビールなどを入れている人も多かったです。

私たちも日曜日は、シャトルバスに乗る前に駅中のベーカリーでサンドイッチを買って持っていきました。

カテゴリー
海外旅行関係

Formula 1 スパ・フランコルシャン ベルギーGP 2019年 個人観戦情報②

木曜日 ピットレーンウォーク

ベルギーGP、木曜日のピットレーンウォークには急遽、行くことにしました。というのも、サーキットから送られてきたメルマガでタイムスケジュールがあり、木曜日は11時にサーキットは開場し、14時から16時の2時間は3dayチケットを持っている一般向けにコースを開放してくれると知ったからです。

木曜日は、オランダのHelmondという所の友人宅に宿泊をしていました。翌日、金曜日はHelmondから宿泊先のドイツ、Aachenへの移動日に設定していたのですが、木曜日にピットレーンウォークがあると友人に話すと、車でスパまで2時間ちょっとだから日帰りで行ってくれば?と。昼の12時くらいにHelmondを出発し、約2時間。車を貸してくれた友人と運転してくれた夫に感謝ですが、オートマとは言え、左ハンドル、右側通行。助手席でヒヤヒヤしながらの道中でした。16時からのピットレーンウォークには到着した14時の時点で大勢の待ち人。後で知りましたが、パドックパスホルダー用にドライバーが出てくるゾーンに出待ちするために、皆んな早くから場所取りしてたみたいです。

ピットレーンオープン直後のコース

そんなことも知らず、呑気にオールージュの前で記念撮影していた私達はもちろんサインにも乗り遅れ、着いた時には黒山の人だかりでした。しかも背の高いオランダ人ファンの壁に阻まれて、姿すら見られず。前の人がジョビナッツィーがいるらしい、とかミカがいるらしいよーという話を聞きながらスマホを高く掲げるも姿は見えず‥‥

諦めてピットレーンまで行くとアルボンがインタビュー中の姿を発見。その横で見覚えのある顔が〜とフェルスタッペン!あまりに小さい顔と白い肌に見とれて写真撮れませんでした(笑)

ピットの奥でインタビューを受けるアルボン

今日は急遽、車で来れましたがサーキットの運行するバスなどは今日は無いようで、車以外の公共交通ではアクセスが難しいかと思いました。ちなみに3dayチケットがあれば、木曜日は駐車場も無料でどこにでも停められました。

 

カテゴリー
海外旅行関係

Formula 1 スパ・フランコルシャン ベルギーGP 2019年 個人観戦情報①

F1 ベルギーグランプリ 2019年度版 現地観戦情報

F1好きには有名なオールージュがあるスパ・フランコルシャンサーキット。

毎年開催されるF1レースには、世界中から多くのファンが駆け付けます。

F1を観戦し始めて約20年、過去に2回のイギリスGPを観戦にシルバーストーンサーキットまで個人で行きましたが、今回は初のスパ・フランコルシャン。立地が山の上ということ、近隣にアクセスしやすい町が少ない事もあり、日本からだとツアーで参加が多いのかもしれません。そうなるとゆっくりとサーキットも見ることもできません。そこで、個人での観戦を体験してきました。

感想としては、事前の情報さえしっかり押さえておけば、サーキットへのアクセスもイギリスGPのシルバーストーンに比べると雲泥の差で行きやすいサーキットでした。

まずは、チケットの予約から始めましょう。

レースチケットの予約

まずはレースのチケット予約です。

少し英語が必要となりますが、ベルギー人にとっても英語は第二外国語です。分からない単語があれば調べれば何とかなる文章ばかりですので、がんばって挑戦してみましょう。

今回チケットを予約したのはスパ・フランコルシャンサーキットのF1スパ・フランコルシャン公式ページ。

https://www.spagrandprix.com/en/

この公式ページで、全ての情報が開示されていくのでチケットを購入した後もちょくちょく確認してください。ちなみにこのサイトのメルマガに登録しておくと、当日のタイムスケージュールなどが決まれば、メールでお知らせしてくれます。

サーキットへのアクセスとホテル選び

私の場合は、レースの3か月前にGOLD7のチケットを購入し、その時点ではまだサーキット場へのシャトルバス情報は掲載されていませんでした。

そのため、以前行かれた方の情報を探し、サーキットの最寄り駅、ベルビエ(Verviers)※2020年ではベルビエからのバスは予定されていません。もしくはリエージュ(Liege)からサーキットまでのシャトルバスが出ている情報を頼りに、その駅に電車で行ける比較的近く、かつホテルが多い都市でホテル予約をしました。今回選んだのはドイツのアーヘン(Aachen)。ここからだと最寄り駅まで電車で1時間ちょっと。そこからバスに乗り継いでサーキットまで行く予定にしていました。

Aachen Hauptbahnhof アーヘン中央駅 ※アーヘンウエストという西駅もあるので注意

ちなみに、3か月前の時点でアーヘンのホテルはまだ余裕がありましたが、イベントの日程ということでキャンセル不可のステータスでした。後で分かったことですが、F1での利用ではなく、音楽イベントが同時期にあったようです。F1での宿泊者もいましたが、さほど多くはなかったように思いました。

しかし、1ヶ月前にふとサーキット場の公式サイトを覗いてみると、ACCESSの項目にSHUTTLES(シャトルバス)の表示が!

2019年9月25日現在、すでに来年2020年のシャトルバスの設定が発表されていました。下記のサイトをご参照ください。

https://spagrandprix-tickets.com/en/39301-spa-formula-1/category/39481-city-shuttle/

確認してみると、なんと宿泊地のアーヘンからサーキットへの直行バスが出るとのこと。他の周辺都市、オランダのアイントホーフェン(Eindhoven)、ロッテルダム(Rotterdam)やベルギーのブリュッセル(Brussel)、ドイツのデュッセルドルフ(Dusseldorf)なんかもありました。これは毎年、運航する周辺都市が増減されるようですので、直前にならなければ運航される都市が不明です。

ただ、サーキット公式サイトのCONTACT先は、とても丁寧ですぐに返事をくれますので、ホテルを予約する前に一度「今年はどの都市からシャトルバスが運行する予定ですか?」と聞くと教えてくれるかもしれません。

Aachenアーヘンからの直行シャトルバス

シャトルバスは1日1本のみ。運航は金曜日、土曜日、日曜日、各日往復で1人35ユーロでした。出発は朝7:30にアーヘン中央駅前のロータリーを出発し、約1時間(日曜日は交通整理があるため2時間かかりました)でサーキットへ到着。帰りは金曜日、土曜日は18時にサーキット発、日曜日はサーキット発が18時30分でした。

サーキットメインエントランス前に停車しているベルビエとリエージュ行きのバス

ベルビエ(Verviers)、リエージュ(Liege)からは大きなバスではなく、普通の路線バスが本数を増やして運航しているようです。そのため、時間の融通は効きやすいかもしれませんが、バスの運転手に聞くと、人が集まったら駅に向けて発車する感じなので日中、他の予定を入れたい等などではあまり当てにできるバスではなさそうでした。※2020年はベルビエからのバスは予定されていません。詳しくはサーキットまでお問い合わせください。

そうなると1日中、サーキットで過ごすことになります。スパウェザーと言うくらいで1日にの中で山の上の天気はころころ変わります。今回は、金曜日にはサーキットには行かず、土曜日と日曜日にシャトルバスでサーキットまで行きましたが、幸いなことに2日ともお天気は良好。持って行った傘もカッパも使わずに帰って来ました。スタンドも屋根付きを選んでいたので、幸いでしたが、座席が最前列だったということもあり、雨が強く降れば吹き込むだろうし、実際土曜日の晴天時には太陽の光が燦々と降り注ぎ、緯度の高いヨーロッパの太陽の光は半端なく熱く、後方の座席がたまたま空いていたので移動出来ましたが、周りには同じように最前列から4~5列目までの人が空いた座席に座り、本来の座席の人が来ては、移動を繰り返していました。

サーキット内の過ごし方としては、

①FAN ZONEを周る

②サーキット内を歩いて周る

③スタンドに座って、イベントを眺めている

この3つしかありません。スパ・フランコルシャンサーキットは外周7キロ。天気が良ければスタンドのある森を散策するのも悪くありません。ただしアップダウンが多いので体力は必要です。天気が悪ければ、皆が屋根のある場所に集まります。そうなるとどこにも行くことができず、スタンドに屋根があれば座って過ごすの一択になります。そのためにもスタンドチケットは屋根付きを購入されることをお勧めします。

さて、木曜日はどうしたか?それは次の記事でお知らせしたいと思います。

カテゴリー
海外旅行関係

海外旅行でスマホを使おう 2019年版 ~スマホにグローバルSIMの場合のメリット、デメリット~

スマホやパソコンを日本にいる時と同じくらい使いたい!

そのために何が必要か?

海外でWifiにつなぐには

‐ SIMフリーのスマホを購入+現地、もしくは日本で滞在国用のプリペイドSIMを購入

‐ Wifiルーターをレンタルする

少し前まではこの2つが主流。

去年カナダとアメリカにそれぞれ行った時は、2週間近く滞在だったので、楽天モバイル海外SIMカードを購入し、データをプリペイドで購入して使ったが、残念ながら楽天グローバルSIMは2019年1月31日をもって終了。これ、アプリでデータ残量や追加データが購入できて、結構便利だった。

次に行ったアメリカ旅行では日数も5日と短かったため、Amazonで北米専用のデータパック付きのSIMカードを購入し使った。

ちなみに購入したのは「Mostsim」北米版で5日間データ使い放題、テザリングあり(他のスマホやタブレット、パソコンからもWifi接続する)で2300円前後。テザリング最大で4台したけど、自分のスマホのバッテリーの減りが急激に早くなるのを除けば、とても快適だった。

どうやら、現地でスマホだけ使用したい場合は、滞在国用のデータSIMを購入するのが手っ取り早い感じ。

【メリット】

・APNの設定など出発前に確認ができる

・明朗会計

・日本語でサポートしてくれる会社も多い

【デメリット】

・北米、ヨーロッパ、アジアなど主要な大陸、地域ごとしか出ていない

・日数、もしくはデータ量ごとの販売(※一部トップアップ方式でデータ追加購入できるSIMあり)

・現地到着後にSIMカード差し替えが面倒くさい

・APNの設定は出発前に確認できるが、苦手な人には面倒な設定かも